Society for Traffic Sciences

平成30年度 研究発表会プログラム (2018/11/16版)

PDF版

日時 2018年12月6日(木) 10時30分~17時(受付開始10:00)
会場 大阪市立大学梅田サテライト101教室 大阪市北区梅田1-2-2-600 大阪駅前第2ビル6階
参加費 普通会員 1000円,学生会員 無料,賛助会員 会費口数の人数分無料
非会員(一般)2000円,非会員(学生)1000円
CPD 土木学会認定CPDプログラム JSCE18-1195 4.5単位

10:30 開会挨拶

開会挨拶:交通科学研究会会長 日野 泰雄(大阪市立大学)

10:35 一般会員の部ー1(座長:山口直範(大阪国際大学))

交通死亡事故多発警報の発令基準と発令状況に関する分析
○小川 圭一(立命館大学)・門口 僚汰(大鉄工業株式会社)・中村 麻里(三井共同建設コンサルタント株式会社)・安 隆浩(株式会社交通システム研究所)
訪日外国人の安全運転促進のための運転特性の把握
○葉 健人(大阪大学大学院工学研究科)・土井 健司(大阪大学大学院)・猪井 博登(富山大学)
自家用車の利用実態とCO2 削減に向けた今後の展望 -福井県内における調査事例-
○吉村 朋矩(福井工業大学)

11:45 休憩(75分)

13:00 特別会員・賛助会員の部ー1(座長:飯田克弘(大阪大学))

阪神高速道路の安全対策取組最前線
○宇野 巧(阪神高速道路株式会社保全交通部)
御堂筋の社会実験について(仮)
○近安 規晃(大阪市建設局道路部道路課)

14:00 休憩(15分)

14:15 一般会員の部ー2(座長:小川圭一(立命館大学))

新東名高速道路における規制速度引き上げ前後の走行速度の比較
○矢野 伸裕・森 健二(科学警察研究所)
事故当時者の車両重量の分布
○吉田 信彌(東北学院大学教養学部)
豪雨時の道路浸水痕跡調査手法の開発
○吉川 慶・嶋田 幸二・小松 靖朋・増田 拓人(株式会社ウエスコ)・島田 英之(岡山理科大学)・齋藤 美絵子(岡山県立大学)・西山 哲(岡山大学大学院)

15:25 休憩(15分)

15:40 一般会員の部ー3(座長:吉田長裕(大阪市立大学))

児童の歩行中事故と就学前後の行動範囲の変化
○山口 直範(大阪国際大学)
ターミナル駅周辺における訪日外国人の移動情報入手に関する研究
○柳原 崇男(東北学院大学教養学部)・長硲 大樹(堺市建築都市局交通部交通政策課)
中小規模橋梁の維持管理について(点検・診断・優先順位等)
○和田 實・先本 勉・山本 幸雄((一社)近畿建設協会)

16:50 閉会挨拶:交通科学研究会副会長 篠原 一光(大阪大学)

懇親会

終了後、会場付近で懇親会(場所・会費未定)の開催を予定しています。